税金はどこへ行った?(日本全国版) *はじめに | *モバイル

はじめに

※最終更新日:2019年(平成31年)2月22日(*自治体の財政データは2016年度決算を使用)

「税金はどこへ行った?(日本全国版)」とは何ですか?

 「税金はどこへ行った?(日本全国版)」(以下、当サイトという)は、住民から集められた税金や社会保険の使い道を、様々なオープンデータを組み合わせることにより、自治体ごとに可視化することを主目的としています(例:島根県松江市)。

 「給与所得者・年収400万円・29歳以下・配偶者なし・扶養家族0人」をモデルケースとして社会保険や税金を試算していますが、条件を変更することも可能です。

 財政状況(歳出や歳入、資産負債)と人口統計(人口ピラミッド等)を自治体ごとに可視化します。また、過去の財政データに切り替えることも可能です。

 全国1800市区町村を対象としており、最大3自治体を比較することが可能です(例:横浜市+千葉市)。人口総数や職員総数などの100を超えるカテゴリから、類似する自治体を簡単にチェックすることができます。

誰がこのサイトを運営しているのですか?

 一般財団法人島根総合研究所(以下、当財団という)が運営しています。

このサイトの使い方を教えてください

 以下の解説動画(1分44秒)をご確認ください。


個人情報の取り扱いについて教えてください

 当財団は、投稿などを通して、任意で提供されたユーザーのIPアドレス、電子メールアドレスなどの個人情報を管理しています。当財団はこれら個人情報が細心の注意をはらって取り扱われるべきデータと考え、その収集・保存・利用については厳重な管理の下に運用しています。提供していただいた個人情報は、明示された利用目的及び関連する諸事項のために利用させていただきます。法律に基づく要請がない限り、個人を特定できるデータを第三者に対して開示することはありません。

 入力された「プロフィール」「年収」データについては税額計算をするためにのみ使用し、当財団は一切保存せず、直ちに破棄します。同様に位置情報を取得する場合においても、当財団は一切保存せず、直ちに破棄します。

このサイトで使われているデータの情報源を教えてください

 当サイトにおいて使用されている各種統計データは、各自治体が公表している数値に基づいています。具体的には「情報源」の通りです。

 なお、当サイトにおいて使用されている各種統計データは、MAバンクより提供を受けたデータベースを利用しています。

このサイトは、どのような経緯で生まれたのですか?

 当サイトは、Where Does My Money Go? (税金はどこへ行った?) に触発され、当財団が主催する「そうけんサロン交流会」の有志による話し合いの中から生まれた「税金はどこへ行った?(島根県版)」をベースに作成されています。

どのような税金を対象としていますか?

 個人住民税(市税、県税)や所得税に加え、消費税を試算しています消費税については、可処分所得に対する消費税対象支出割合を60%と仮定し、税率8%で試算しています。

 また、税金に加えて、社会保険についても算出しています。

なぜ、税金だけでなく、社会保険も取り扱っているのですか?

 税金よりも負担額が大きいケースが多いからです。また、税額計算において、社会保険料控除を加味する方が、より現実的な数値に近づくからです。

 なお、社会保険は日本国の特別会計です。一般会計と異なり、使い道が「健康福祉」の分野に限定されるので、全て「健康福祉」として処理しています。

なぜ、予算ではなく、決算を取り扱っているのですか?

 我が国においては、上場企業等に有価証券報告書(=詳細な決算書)の迅速な開示を義務付けていることから分かるように、一般的に利害関係者にとって決算は最重要事項です。

 ところが、日本の自治体の会計は予算重視で、決算については議会や監査のチェック機能がうまく働いていません。総務省による公表も決算日から1年近く先です。

 当サイトにおいて決算を取り上げるのは、予算ではなく決算を重視することで「予算消化」という合法的な税金の無駄遣いをなくすことができるのではないかと考えるからです。

税額計算をする際の各種税率・保険料率はいつの時点のものを使用しているのですか?

 2019年(平成31年)2月22日現在の税率や保険料率を使用して、税金や社会保険を算出しています。所得税については復興特別所得税(所得税の2.1%)を上乗せして計算しています。年収については、給与所得とみなし、給与所得控除を適用しています。

 また、以下の通り、年齢によって社会保険の負担額を調整しています。

 税金や社会保険の試算根拠については情報源をご確認ください。

著作権について教えてください

 記載・断りが無い場合、当サイトに係る一切の知的財産権は、当財団が所有します。文章や画像等の無断転載はご遠慮ください。内容の一部を引用する場合は、必ず出典を明示すると共に、当サイトへのハイパーリンクをお願いします。

 なお、当サイトにおいて言及されている全ての商標・製品名等は各所有者に帰属します。

免責事項について教えてください

 当財団は、相応の注意を払い当サイトを全力で運営していますが、各コンテンツの正確性・完全性について、いかなる保証をするものでもありません。当サイトを利用しての情報収集・状況判断については、利用者ご自身の責任において行なって下さい。当サイトのコンテンツが不正確・不完全であることが原因で発生した損失や損害について、当財団は一切の責任を負いかねます。

 また、当サイトの各コンテンツは、予告なく改変または廃止されることがあります。各コンテンツは、ページ制作時に入手したデータに基づいて作成されています。あらかじめご了承ください。

このページを他の人に教える

 load
 Tweet
 load
 load
(2019-02-22更新)
HOME はじめに 情報源 連絡先 サイト運営責任者 Google+ モバイル
Copyright (c) 2013-2019 Shimane General Laboratory Foundation.